スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わかってもらえるだろうか。

3本ぐらいついているバナナの房から、「一本だけ」もごうとするときに、なぜか二本ある方の皮(へた?)が取れてしまうことってよくおこりませんか?こんな感じに↓。
DSC08266.jpg

DSC08265.jpg

ちょっとでも肌の露出しているバナナを放置しておくのが嫌なので、一本だけ食べたいのに、仕方なく蔕が取れてしまった2本のバナナを食べるのです。朝からバナナで腹いっぱいだよ。。

さて、昨日はなぜかサンプーと一緒に街へ出かけました。DVD屋で新しいのを調べる。新しいのはなかったですが、一リットルの涙(圧縮版)があったぐらいですかね。あとは北野武の映画ですか。特にこれと言って欲しかったものでもなくあっさり退散。昼飯は王子カレーへ。なぜか一時間以上も座って話してました。タメ同士、話のネタに尽きない感じで。ろくでなしブルースの話は吃驚するぐらいぴったりはまったな(笑)あとはサンプーの情報通はTKにも勝るとも劣らない感じで面白かった(笑)鄭州芸能はサンプーに聞け!それからはまた買い物行ったりして帰る。そして、夜はシャンチャオ、リーダーとサンプーで西門へ。ここではシャンチャオにいろいろ社会人話を聞く。ホントためになる。

ここからはまだ纏まらないのですが、思いついたことをメモ的に書き残すだけです、と一言書き添えておきます。
そういや、サンプーと話した話の中に、「食については日本人は海外に順応しやすい」という一節がありました。これは以前じゅんじいと話したことでもあるんですが、日本人がというより、日本以外の外国人が"食"(中国なら中華)について順応できてないのでは?と考えたときに、ではなんで日本人はそんなに中華だけの生活に耐えられるんだろうか?と不思議になり考えてみました。
単に我慢強いからなのか?いやいや違います。我々日本人は幼い頃から多国籍な物を食べてきてるのが強みなんじゃないかと自分は考えます。小さい頃からカレー、焼肉、パスタ、ピザ、生春巻き、チンジャオロースー、タコス、ステーキなどなど決して日本産ではないものが食卓に並べられてきた、若しくは外食で食べたことがある。これが海外へ行っても耐えられる要素なんじゃないかと。地方によってはゲテモノも食べるし、海のものを好んで食べる。山のものももちろんたくさんある。さすが、裕福国です。
しかし日本人にも年齢層によっては無理なところもあるようで、自分の親父世代、若しくはそれ以下(40~50代?)の世代には、やはり日本食が食べられないのは無理と感じる人たちもいるようです。

当然その国の人には故郷の味があうに決まっています。韓国人は韓国料理が一番で、ベトナム人も中国人もそう。ネパパキたちもお国のものをやっぱり食べていたし。こないだまでいたロシア人なんかクッキーやコーラなどで凌いでいて、決して中華を食べるぜ!という雰囲気ではなかった。サンプー情報によると、イタリア人も中華があわず、マックまでいってハンバーガーを食べていたという。ドイツ人は食堂の焼きそばにはまったく箸をつけなかったらしい。しかし、日本人はそうではない。ちょっとした抵抗は感じながらも、中華を食べる。口に合うものを見つけようと努力する。他の外国人にはそういう努力が見られない。そう、彼らにはそういう努力すら感じられない、無理と言ったら無理だし的な感覚。どうやらこの辺にもうひとつ答えがありそうですね。

今では手に入るようになった日本食も一昔前なら何も手に入らなかった。日本食を食べたくても、お店は少なかったしあっても値段が高かった。基本的に我慢するしかなかった。毎回日本食じゃないとダメって言う人は少ないし、実行している人は稀だ。日本からいろいろ送ってもらう人もいますが、それでも、郷に入っては郷に従えという言葉が表すとおりに、たいていは中国へ来たならば中華を食べるということは仕方のないことと受け止めています。新入生たちの中には衛生面から中華を避けるという人はいますが、一年以上生活している外国人がそういう状況から未だに抜け出せないでいるのを見ると、彼らが順応性に欠けるのか、やはり日本人の順応性が高いのでは?と思ってしまいますね。単に中華に慣れているかどうかっていう話ではなさそうです。

話はまた変わりますが、好き嫌いが多い人は海外のどこへ行っても苦労するでしょうね。自分について言えば、好き嫌いは許されなかったし、残すこともタブーだった。そんな子に育ったからにはどこへ行ってもとりあえず食べられる子になったと思う。今では好き嫌いを認めなかった鬼オカンに感謝しているぐらいです。

北京や上海などの都会ならまた話は変わるんでしょうけどね。

Comment

材料系 #- - URL
2006/04/19 (Wed) 21:21

おっす!とりあえず帰国したんでひとこと。
単にかむ氏がみた日本人が料理ぎらいで、好奇心旺盛だったんじゃない(俺とかじゅんじいとか)??とりあえず何でも口にいれてみるのだよ

>材料系
かむじゃが #- - URL
2006/04/19 (Wed) 23:00

帰国されましたか。楽しいひと時を過ごしましたね~。確かに周りにいた人は適応能力抜群だったというか、好奇心旺盛だったのかもしれませんね(笑)。なんでも口に入れてみる(笑)。とりあえず、なんでも食ってましたもんねぇ。ああ、桃源のころが懐かしい。

じゅんじい #- - URL
2006/04/20 (Thu) 01:59

食堂の飯にも三年!
三年間食い続けて中国人の舌になったのです。
今じゃ西門の飯が美味くてしょうがない。
その土地のモノが食えないってのは本当に悲しいっすね。

↑材料系さん帰国されましたか。お疲れさんです。

>じゅんじい
かむじゃが #- - URL
2006/04/21 (Fri) 07:03

食堂ねぇ。もう、あのたくさんの学生がカード持ってごちゃごちゃしている中で、大声を叫びながらようやく渡された品物が、自分の食べたいものじゃなかったときの落ち込みようったら、一言では言い表せませんな。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。