スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また、です。

またも反日感情が異常な盛り上がりを見せている。
今回はヨーカ堂を初めとしてやられました。
いつもは反日色の強い地域(たとえば重慶・西安など)だけに被害が出るだけなのだが、
今回は、鄭州まで反日感情が広がっている。これは自分が中国へ来てから初めての事態だ。
しかも、鄭州から不買不売運動が始まったようなソースも見つけたし。
4月2日付ですが、知らない方はどうぞ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050401-00000624-jij-int
それに、今日鄭州大学の食堂前で日本の国旗を燃やした行動があり、その食堂では日本人はご飯が食べられないと聞いた。本当なら驚きだ。
鄭州の反日感情が少ないとは言わないけど、正直、珍しいんじゃないかな。
これはホント何かあるかもね。外出時には気をつけてくださいね。
それで、色々ソースを拾ってきました。
列挙しますので見てみてください。

中国 日系スーパー襲撃 「常任理」阻止デモ数千人
「日本留学手続きお断り」も=常任理入り問題、広がる反発
中国 日本の常任理入り反対デモ 広東 画像
深センの反日デモ 画像
ヨーカ堂襲撃、ガラス割られる
日本の常任理入り反対デモ 広東、四川両省で
広東省でも抗議行動=日系百貨店などに押し寄せ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050401-00000010-scn-int.view-000
中国の日系スーパー襲撃 反日の潮流、政府が利用 当局の本音?不穏な状況も
邦人、企業の安全確保要請 外務次官が中国大使に
中国政府 反日デモ過激化警戒 集会不許可方針 拡大不可避の見方
反日行動、中国当局が阻止
背後に巨大ボイコット組織=日本製品「不売」運動拡大へ

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

社長の本音日記 - http://blog.livedoor.jp/ken123atara456/archives/18059099.html
2005/04/05 (Tue) 11:58

日本の国連常任理事国入りを反対するという理由で中国で反日デモが行われたという報道がなされています。http://www.sankei.co.jp/news/050403/kok064.htmこの手の報道でいつも気をつけなければならないのは参加者数です。テレビで報道されていたのは広東省深セン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。