スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

費用対効果

20080411220634
珍しくお昼から所長と一緒。
「新生活応援してるぞ~はんやん。」
「じゃ~応援されちゃいましょう!」
チャリリ~ン
「お前はいつも大盛りを頼むなぁ。もったいない。」
「え~大盛りの方がコストパフォーマンス高いですよ。きっと。」
「ばかやろう。並盛りで十分だ。良く考えてみろ。並でも十分お腹は満たされる。
それに一回につき130円も浮く。カロリーも抑られるしな。食い終わるのも早い。
ほ~ら~お前にとってメリットは何もない。お前は、無駄な金を払って、腹いっぱ
いになり、胃も大きくなってぇ~また食う。おまけにぃ~眠くなってぇ~スタバへ
直行。デメリットしかみつからんぞ。」

ぃ~とかぇ~とかそこが厭味ポイントなんだよ!と、うっせぇなぁ~おっさんだ
なぁ~と思いつつも、はじめて論理的に大盛りを否定された気がする。個人的に衝
撃だったのが、大盛りより、かえって、並みの方が腹は満たされ金もたまってお得
じゃね?と思わされたこと。4月で営業マン3年目に突入。“口の巧さ”をもっと磨かねば。

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。