スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやく

20080622005447
紫陽花が綺麗だ。
赤と青は土の養分で決まるんだったかな
今日から雨か~
にしても終電はお疲れ日本の縮図だなぁ

ルネッサ~ンス

イライラが~

はじめてかなぁ
イライラ
上司とぶつかったの
今思えば珍しい
若い所長と若い営業マン
やるしかねぇや

これうまい

20080615210908
ウマーイ!
限定みたい
買い溜めすっかね~
林檎のほうはイマイチだった。

RSRの第六弾アーティスト発表は、6月14日!!!(BlogPet)

かむじゃがの「RSRの第六弾アーティスト発表は、6月14日!!!」のまねしてかいてみるね

楽しみです。
とにかく、あと2ヶ月ほど!
のかな?RSRと思っちゃいます。
そこが、あと2ヶ月ほど。

*このエントリは、ブログペットの「肉熊猫」が書きました。

RSRの第六弾アーティスト発表は、6月14日!!!

楽しみです。
RSRとRIJのブッキング問題に湧いてから、の発表。
最後まで本当にかぶらないのか。
そこが見ものですね。
渋谷発言未だにRIJのHP上から消えませんが、この件に関してもうどうでも良くなったのかな?
RSRにしろ、渋谷にしろ対応が子ども過ぎて笑えます。
フェスの企画なんて、誰がやってもできんじゃね?と思っちゃいますね。

とにかく、あと2ヶ月ほど。

なんつーんでしょ。

ピンクのシャツが境界線で。上は俺がやったんだけど・・・




朝起きたら、全部たたまれてた。

・・・・。

なんつーんすかね。こういうの。

RSRとRIJFのブッキング問題 その2

一晩あけて・・・・

双方のBBSも落ち着いてきたね。まぁ片方は検閲あるから元々落ち着いてるけど。

「やっぱし、フェスは楽しむものであって、裏事情はどうでもよい」

っつーことにみなさん気づきつつあるようです。

今更、WESSからコメントがあるはずもなく、このまま風化するのを待つ感じかな。

コメント出さなきゃ、疑惑が残り続けて、ある意味それも今後のネタとしては美味しいしねw

暴走した渋谷氏が起死回生の一打を放つか。

とにかく、現状はWESSが有利である事は変わりない。

決着は動員数で決まるな。

日本一のお株を奪われるのがそんなに怖いの?

日本一が奪われる事によって、スポンサーが離れるのが怖いの?

今年は飛翔との年となるか。

http://rsr.wess.co.jp/2008/index.html

http://www.rijfes.co.jp/

RSR RIJF ブッキング 問題

2008年今年も暑くなり、フェスの時期がやってきた。
今からフェスを楽しみにしている人も大勢いるだろう。
そんな夏フェスの2大イベント「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」、「RISING SUN ROCK FESTIVAL」で大きな問題が起こっている。
今日は、そんな大きな釣り餌にがぶりと噛んで、大きく釣られてみたいと思う。

ことの始まりは6月1日。

ROCK IN JAPAN FESTIVALで総合プロデューサーの渋谷氏が発言した内容によって物議を醸すことになった。

問題になったのは「日本のフェスのこれからを考えるために」というタイトルで始る声明文だ。
その中で渋谷氏は「今年、ライジングサン・ロックフェスティバルはロック・イン・ジャパンとのアーティストの重複は完全に避けるという方針を出されたようです。たくさんのアーティストの方から、ライジングサン・ロックフェスティバルから、そうしたブッキングの意向を伝えられたという旨を言われました。とても残念な事です。当然、多くのアーティストの方が両方のフェスへの参加を希望していました。(続く)」
というコメントを発した。

その後、6月1日同日。

「これから僕達がすべきこと」というタイトルで謝罪文を掲載する。
「まず、フェスを楽しみにしていたライジングサン・ロックフェスティバル、ロック・イン・ジャパン・フェスティバルの参加者の皆さんに、6月1日の僕のメッセージによってせっかくのフェス前の楽しみな気持ちを台無しにしてしまった事をおわびします。(続く)」

自作自演か!!!とも思える、問題提起からの謝罪までの突っ走り!!
周りの人間がついていけない状況で、言葉だけが独り歩きした。
「RSRサイドが囲い込みを行いRIJFの邪魔をした!!みなさんどう思いますか!?」という窮状のようにも受け取れる。
同日すぐに謝罪をしたもののRIJFの面子が微妙なのは私のせいではありません!RSRが囲い込んだからなんです!という主張に関してはそのままとなる。
これを受けたRSR、RIJF双方の参加予定者の間で、様々な憶測が飛び交い、批判派、擁護派を生み、平和市民を揺さぶることにまで至っている。

「ただ、フェスを楽しみたいだけなのに!!」

見に行ってみましたが・・・まるで2ch状態でした。
双方の掲示板を見てもらえばわかりますが、双方の参加予定者を失望させる結果となったことは明白でした。
あんな謝罪文の掲載ぐらいでは、収まらないのでは?と一般的な社会人としては思ってしまうが・・・
悪いことをしてもすぐ謝れば怒られないで済む、と思っている子どもじみた姿勢が見えるのがわかります。それともそれが狙いだった?釣り餌だったのか?
更には、謝罪文を載せたにもかかわらず、問題になったコメントを引っ込めないしたたかさも見え、気持ち悪さが否めないという始末。
どう考えても狙ってるとしか思えなくなってくる。
RISING SUN ROCK FESTIVAL側からの説明も1日たってまだ無い。
説明がなかったとしても問題はまったくないが、それでも後味の悪さを残すことにはなる。
渋谷氏があんな声明を表に出してしまった時点で、表向きには「囲い込みやりました」なんていえるわけないし。このままお蔵入りでしょうか。
まぁコメント出したところでまた混乱を招くので引っ込めているのか。とも考えますが、それともマジ情報で慌てふためいているのか、とも考えられ、こちらも勝手な憶測をしてしまいます。


自分の発言の影響力も考えず、軽口を叩き、すぐに撤回する・・・
アホな政治家のやる手法?w
よくよく考えても、やはり渋谷氏が何をしたかったのかよくわかりません。
窮状を訴えるところが的外れだし、ビジネスの裏側を参加者にぶつけてどうすんだ?って気もします。
やるならRSR側に直接抗議が筋でしたね。
民衆の力を借りようとする中○主義者?かと思ってしまいます。
それであの混乱だ。
普通に考えれば解るもんですが・・・

もしかして、いくらRSRに抗議しても、RSRに流れるアーティストの波に勝てなかった?という事情でもあるのでしょうか。
そう考えると・・・

「これから僕達がすべきは、フェスに出たい、フェスに出て欲しいと思うアーティストが自由に出られる状況を作る為に、当事者同士が話し合う事だと思います。そこに進みたいと思います。そこで日本のフェスが良い状況に進む、何か具体的な方法を当事者同士で作り出せるように努力したいと思います。」

この最後の文が、狙いだったのでは?と思いますね。
相手が耳をかさないのなら、そういう状況を作ってしまえ!という意図。
もし、そうなら渋谷氏はギリギリの政治戦略を使ったことになりますね。
紙一重ですが、しかし、巧みな手法です。

今回、チケットを購入済み且つ、お目当てのアーティストがRSRで発表になっている人たちが一番騒いでる気がしましたが、それも仕方のないことです。
RSRが行う救済は、如何にして北海道外からRSRに参加してもらうかを考えることだね。
交通費が高くて、ホテル代が高くて、いけないって人がたくさんいるんだから。
そういう音楽以外のファクターでこれない人たちを如何にして救うか。
飛行機会社とタイアップしてもいい、フェリー会社とタイアップしてもいい。
JRとタイアップしてもいい。ホテルとタイアップしてもいい。
とにかく集客をアーティストに求めすぎているから、こういう結果を生むんだ。
それ以外でももっと努力して、集客力を上げる。
トイレ事情を改善するのは当然だし、飲食代が高すぎるという声も聞こえる。
これはRSRに限ったことじゃなく、RIJFにも、フジロックにも、サマソニにもいえることだ。

とにかく、今回の一件で、改善する余地を露呈してしまった。
ユーザーに見なくて良いもの、いや見えなかったものまで見えるようにしてしまった。
この結果に、どう応えるか。
今年の夏フェスはある意味で、熱い夏フェスになりそうだ。

_____________

2chでこんなんみつけた。
_____________
もともとウエスは毎年夏にミッシェルやブランキーを呼んで、
北海道ロックサーキットというイベントを開催してた。

フジの成功を見たロッキンオンがウエスに邦楽フェスをやろうとけしかけてくる。
ウエスはロックサーキットを元に、ミッシェルやブランキーのマネージャーも協力して
RSRを1999年に開催。
たった15組の出演だったが一日だけの開催で、26000人を集める成功。
この年はJAPAN誌上でも毎月RSRを大々的に特集。

翌年の2000年、RSRの成功に気を良くしたロッキンオンは、
RSRを裏切り、RSRのノウハウを活かし、独自フェスRIJを開催。
JAPAN誌上でもRIJばかり取り上げ、RSRはほぼスルー。
この年のRSRはアーステントもでき、2ステージ33組を集めたにもかかわらず、
動員たったの13000人。翌年の開催が危ぶまれる。

2001年のRSRも二日間の開催になったにも関わらず、動員は二日間延べで24000人。
しかしこれ以来、地道にいいフェスを続けたRSRは、ついに2007年、動員70000人を記録。

そして2008年。出演アーティストがなぜか北の涼しい気候を選び、RIJと完全な差別化(笑)
主要アーティストをほとんど取られたロッキンオン渋谷が涙目で「もうやめてください」。

話し合いの場を持ってくれないRSRに対して文章で奇襲攻撃・・・・自爆・・・撃沈・・・

なるほどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。