スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

留学生活いくらする?in中国・鄭州

今回は、いつも留学生が中国人からされて少し困る質問について。
う~ん、ウェブログって簡単にアップできるからいいよなー。
さて、余計な一言も混じりましたが、本題に。
いつも中国人からお金について質問されることありませんか?
タクシーの運ちゃん、学校の先生、生徒、商店のおばちゃんなどなど。
中国人と少し仲良くなると、すぐに出てくるお金や家族についての話。
「親は何の仕事をしている?」から始り、「親の給料をいくらだ?」「お前の生活費は誰が払っている?」など日本ならあまりされないような、かなり突っ込んだ質問。彼らは興味津々に聞いてきます。
中国だと当たり前のことなんでしょうが、日本人の僕からするとなかなか慣れないんですよね。
しかも、親の給料なんて把握してないし、生活費もいくら払っているなどもきちんと計算したことはなかった。
学費や寮費はぎりぎりわかるけど・・。
そこで、カムジャガさんは気づきました。
こんな質問をされ困っている人って実はおれだけじゃないんじゃないかな?と。
ちゅーことで、突然ですが親の給料調べちゃいましょう!!なんてことは出来るわけありません・・。
しかし、最低でも学費と寮費ぐらいはきちんと把握しとけば受け答えに困ることもないんじゃないか?と思い至ったわけです。
生活費についてもなんとか適当に計算してみました。
次の値段をしっかり覚えて、中国人にガツンと言ってあげましょう。

まず、学費。
これは本科生と語学学生で値段が変わります。

本科生(文系):14800元/年
本科生(理系):18000元/年(不確定)

語学留学生:約12000元/年(約15~16万円/年)

次に寮費です(光熱費を含む)。
こちらも一人部屋と二人部屋で値段が違います。

一人部屋:49元/日
二人部屋:25元/日


夏休み2ヵ月を除き、約10ヶ月寮に滞在した場合、

一人部屋:約15000元
二人部屋:約7500元


となりました。

ということで、自分の場合、文系本科生一人部屋系なので、
一年間、学費と寮費だけで約30000元かかることになります。
30000元=約38万~40万円(1万円=770元で計算)です。

後は、生活費ですね。
生活費と言っても、寮費には光熱費も含まれているので、あとは食費と交際費だけです。
食費や交際費は人によりますが、自分はよく食べよく遊ぶほうなので他人より少し多めでしょう。
それでは、ざっと計算してみましょう。
(注意:私、基本的に食堂は利用しません。理由はいろいろありますが省略。)

朝。普段はほとんど食べないですが、食べるとしてもバナナやパンやインスタントラーメンでしょうか。まぁ多く見積もっても0元~5元ぐらい。
昼。昼はきちんと食べますね。というか、昼が朝ごはんと言うことも多々ありますし(笑)。自炊が多いですが、飯店に行くこともあります。使っても、5元~15元ぐらいでしょうか。
夜。夜は、一日で最も腹が減るので一番食べます。
それにアルコールを摂取することも多いので、一番消費が多いです。自炊もしますが、外に出て食べることもあります。
いろいろ考えて、平均で10元~30元でしょうか。
全然平均になってませんね(笑)。日によってほんとばらついてます。

ということで、1日、だいたい15元~50元でしょうか。
これを300日/年として計算すると、4500元~15000元(6~20万円)となりますね。
(はい、そこの人!!「超適当ぉ~」とか言わない!!)

それでは、次に交際費を計算してみましょう。と思ったんですが、これがまた計算するのが難しい。
たとえば、周一で飲み会があったとすると、月に4回。
飲み会1回につき30元ぐらいは消費するはずなので、「4回/月×30元/回=120元/月」ということになります。
で、また10ヶ月間ということを引き合いに出してきて、1年に1200元は使いますね。
これでも少ないかな~と思うので、倍ぐらいの2500元にしてみましょう。<超適当・・。
ということで、交際費は2500元に決定したので、生活費は(食費と交際費)は、4500元~15000元+2500元です。

その他に、飲み水の料金など諸費用にもお金を使うと思いますので、それを500元ほど計上します。
以上を計算してみて、出るわけですよ、留学生活の実態が・・(笑)。

文科系本科留学生一人部屋系は・・

30000元+(4500~15000元)+2500元+500元=37500~48000元
日本円に直して、年間約50万円~65万円です。

これが一年間で使っている費用です。これでも。
この他にCD、DVD、服などを買ったり、旅行にも行かせて貰っているので実際にはもっと使っています。
その点を除いて多めに計算してみて、こんなものでしょう。

さて、以上を見てみて如何でしょうか。
「私はそんなに使ってないよ~」とかいろいろ聞こえてきそうですが、こういう計算を事前にしておけば、節約も可能ですし、後々何かと役に立つような気がするので、是非自分の年間の生活費ぐらいは計算してみるといいかもです。

それにしても、意外に使っているものですね。驚きました。
おれも日本がやってるお金のばら撒き外交みたくなってたんだな・・。
ということで、外に住んでいる人も同じように、自分で一年分の費用を計算しておけば、お金を工面するときにも役に立つはずです。
え?そんなのとっくに計算してますよ~ですって??
それはそれは、オミソレしやした。

てなわけで、今日は留学生活にかかる費用をレポしてみました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。